シルバー925とサージカルステンレスの比較

ハワイアンジュエリーミリオンベル本店

シルバー925とサージカルステンレスの比較

ハワイアンジュエリーの素材としては本来、K14ゴールドとシルバー925が流通していますが、近年はサージカルステンレス製の物が増えてきました。結論から先に言うと、当店ではステンレス製のハワイアンジュエリーはオススメしておりません。以下に当店の取り扱うシルバー925のリングとステンレス製のリングを比較しながらなぜそうなのかを説明致します。

目次

型入れで制作したスレンレス製の商品との比較

素材としての違いを分かりやすく説明するため、当店の【手彫りのシルバー925のリング】と【型に素材を流し込んで作ったサージカルステンレス製のリング】との比較をしてみました。デザインは両方ともダブルプレート(2層)のバレル形状です。

  • シルバー925

    シルバー925リング
  • ステンレス

    サージカルステンレスリング
  • シルバー925

    シルバー925リングのアップ
  • ステンレス

    サージカルステンレスリングのアップ
写真の当店のリングはコチラ
当店のシルバー925製 サージカルステンレス製
彫り ・メリハリ(強弱)のある彫り
・細部まで緻密な表現ができている
・一部の模様が潰れている
・模様の凹部がブツブツしている
色味 柔らかく明るい暖色系 暗めの寒色系
形状 2層プレートの立体感がある 形状のメリハリが控え目

模様の作り方の違い

当店の商品は熟練の職人が丁寧に彫りを入れています

熟練職人のみごとな彫りのリング 写真のリングはコチラ

ハワイアンジュエリーの最大の魅力は、熟練職人が施すエングレーブ技術【手彫り】の柄にございます。当店の商品はタガネを使ってハワイアン模様の彫刻を施しております。シルバー925やK14ゴールドは手彫りに適した硬さなので繊細な表現が施しやすいです。また、当店の商品は熟練の職人が丁寧に彫刻しているため、細かい所の表現が素晴らしいです。是非とも手に取って確認して頂けたらと思います。

ステンレス製の場合は型入れの場合が多く模様が潰れる場合も

ステンレスは非常に硬い素材なので、ハワイアンジュエリー本来の模様を表現する手彫りができません。なので多くの場合は模様が入った型に高温で熱した素材を入れて冷やし固める製法で作られています。そのため、手彫りに比べますと細かい部分の表現がしにくいため、模様が潰れている部分ができてしまいます。ハワイアン模様は表現として彫りの強弱を付けられますが、ステンレスの場合は模様の深さにバラツキがあるような印象です。

また、彫りの凹部がブツブツしている原因は素材が硬いため模様の中を磨き上げにくいからでございます。

それぞれのメリット・デメリット

シルバー925製

メリット ・ハワイアンジュエリー本来の模様を手彫りで彫刻するのに適した硬さ
・指輪の場合はサイズのお直しができる
・ハワイで愛され多く流通している本場の魅力
・ニッケルフリー(ニッケルは金属アレルギーの主な原因とされています)
デメリット ・サージカルステンレスに比べ値段が高い
・使用後に汗や皮脂を拭き取らないと少しずつ黒ずみます

サージカルステンレス製

メリット ・値段が安い
・変色しにくい
・変形しにくい
デメリット ・素材が非常に硬いため手彫り彫刻ができません。型に入れて作っているため模様が潰れている場所がある(下記画像を参照
・指輪の場合はサイズ直しができない場合が多い
・中国製の場合が多い
・ニッケルの含有量が12%程含まれている。※ニッケルは金属アレルギーの原因とされる代表的な素材です。金属アレルギーの詳細

サージカルステンレスの金属アレルギー対応

金属アレルギーの原因のトップに挙げられている素材はニッケルでございます。サージカルステンレスは汗や皮脂による金属イオンが溶けにくいと言われていますが、このサージカルステンレスにはニッケルの含有量が12%程ございます。ニッケルが含まれているから金属アレルギー反応を起こす訳ではございませんが、ご心配な場合は着用を控えた方が良いかと思います。また、当店のシルバー925素材にはニッケルを含んでおりません

金属アレルギーの詳細

ステンレスは、指輪のサイズ直しが出来ない場合も

サージカルステンレスは非常に硬い素材であるため、リングのサイズアップやダウンが出来ない場合が多いです。リングに名入れ・文字刻印を入れた場合などは多くのショップは返品や交換を承っておりませんので、買い直しとなる場合もございます。

当店のリングはサイズのお直しを承っております。

当店でお買い求め頂きましたリングは、職人が責任をもってお直しさせて頂きます。文字刻印があった場合はサイズをお直しした後に再度お入れ致します※修理内容によっては対応できない場合もございます。ご希望の場合は当店にご相談下さい。

リングの修理の詳細はコチラ

シルバー925製の商品は着用後にお手入れしないと黒ずみます

変色の比較画像

シルバーアクセサリーは汗や皮脂などを着用後に拭き取らないと硫化を起こし少しずつ黒ずみます。この黒ずみが風合いとして好んで着用するお客様も多くいらっしゃいますが、気になる場合は着用後に柔らかい布で表面についた汚れを拭き取って下さい。

黒ずみはクリーナー(洗浄液)やクロス(磨き布)で取り除くことができます。

黒ずんでしまった場合でもご自身でクリーナー(洗浄液)やクロス(磨き布)をご利用することで取り除くことが可能です。やり方に関しては下記URLよりご確認下さい。

【動画で解説】シルバー925アクセサリーのお手入れ

当店ではメンテナンス依頼も承っております。往復の送料だけご負担頂きますが、気になる場合はお気軽にご相談下さい。

メンテナンスについて

ステンレスは汗や皮脂による変色が起こりにくいです。

サージカルステンレスは腐食や熱などに強く、着用後に汗や皮脂を拭き取らなくても変色が起こりにくいです。

最後に

ハワイアンジュエリーを既にお持ちの方や実際にご覧になられた事がある方であれば、手彫りとステンレス製との違いはおわかりになるかと思いますが、ネットなどで初めてご購入されるかたはその違いが分からず【錆びない】【金属アレルギーがない】というステンレスのイメージで購入を検討されていた方もいらっしゃると思います。

今回は当店のシルバー925のリングとサージカルステンレスのリングを比較しながら、ステンレス製のハワイアンジュエリーがオススメしない理由を説明しました。当店は1996年より長年にわたりハワイアンジュエリーの販売しておりますが、ハワイアンジュエリーの今後を憂い、またハワイアンジュエリーの良き伝統の継承、及び地位向上を考えここに提起させて頂きました。

今回の内容をふまえ、当店のハワイアンジュエリーをご検討頂けましたら幸いです。

      

SERVICE

当店のサービス

(*1)対応していない商品もございます。

(*2)繁忙期にはお日にちを頂く場合がございます。

(*3)往復の送料はお客様ご負担、また差額が発生する場合もございます。※刻印や石入れをした商品、オーダー品は交換ではなくお直しでの対応なります。



COLUMN

より深くハワイアンジュエリーをお楽しみ頂くために